制服がある工場、私服でも大丈夫など工場によって異なる

仕事中の服装は勤務先の工場によってさまざま

工場と一言でいっても食料品や金属、繊維などさまざまな種類があり、勤め先によって作業中の服装は異なります。制服や作業着が支給され、勤務中は着用するよう義務付けられているケースが多いものの、私服でも良いとする工場もあります。傾向としては、食品を扱う工場では衛生面が重視されるため、不織布製つなぎや白衣作業着などの作業着が支給され、着用を求められることが一般的です。髪が落ちないように衛生帽子をかぶり、クリーン加工された靴を履き、手袋もはめる必要があります。

自動車整備や倉庫作業などの場合、作業着を着て足元は安全靴を履くことが一般的です。支給されるケースもあれば、特に支給はされず自分で用意した作業着や安全靴を着用するケースもあります。

工場で働くときは身だしなみを整え清潔感のある服装を

工場で働くときは、制服でも私服でもきちんと身だしなみを整え、清潔感のある服装をすることが鉄則です。仕事中に着用するため、服が汚れることは避けられません。工場の仕事では動き回ることも多いため、汗もよくかくでしょう。そのため、こまめに持ち帰って洗うようにし、清潔を保つことが必要です。着用する際も、シャツの裾を出したり派手なシャツを着こんで作業着の前ボタンを開けて見えるようにしたりなど、だらしなく着崩すことはやめましょう。社会人として、周囲に不快感を与えないよう身だしなみをきちんと整えることが大切です。

なお、制服が支給される工場では、ほとんどのケースで制服を着用しての通勤を禁止しています。私服で出勤し、更衣室で制服に着替えるようにしましょう。

派遣の仕事探しでは、自分が仕事をしたい業種がたくさんある派遣会社を選んで登録することが大切です。そうすることで、自分に合った仕事を紹介してくれる可能性が高まります。